下腹&腹筋を鍛える産後ダイエット

MENU

下腹&腹筋を鍛える産後ダイエット!

 

京都府 みすずさん

 

出産以来、体重はほとんど変わらないものの(とは言え、出産前より3キロは増えていますが)、
お腹周りに浮き輪のようなぜい肉がついてしまって困っていました。

 

まだ授乳中ということもあって、本格的なダイエットをはじめる必要はないと、
心のなかでは密かに思いつつも、しゃがんだり腰を曲げたりするときに、腹の肉がじゃまくさいので、
ダイエットの必要性を感じていました。

 

けれども、多少の食事制限では痩せないのですよね。
出産をする以前は、夕食を軽めにするだけでも、次の日には体重が減ったのですが、
けれども出産によってなのか、授乳中だからなのか、体質が変化したようで、産後はなかなか体重が減らなくなりました。

 

それに、あまりにもごはんの量を少なくすると、頭がフラフラしてきてしまいます。
しっかり母乳を出さなくてはいけませんし、子どものためにもフラフラしているわけにはいきません。

 

ですから、極端に食事の量を減らすわけにはいかず、けれどもお腹のぜい肉をこのままにしておくわけにもいかず、
そこでおこなったのがやっぱり腹筋運動というわけなのです。

 

中学生の部活などでおこなっているようなあの「腹筋」です。とは言え、
目的はあくまで「お腹のぜい肉をとること」ですから、やり方は少々違っています。

 

それは、ごろんと仰向けに寝転んで、そして下腹に力を入れて、足をお腹と平行に上下させることです。
踏み台を踏む運動のように、足を空中で上下させるのです。

 

この方法で下腹および腹筋が鍛えられて、徐々にですがお腹の周りは引き締まっています。
体重としてはあまり変化はないのですが、やはり運動をしないとなかなか引き締まらないのですよね。

 

 

産後ダイエット方法のおすすめランキングを見てみる ⇒こちら★