ウオーキング 産後ダイエット

MENU

ひたすらウォーキングで産後ダイエット

 

神奈川県  りんりんさん

 

 

妊娠後期、私は15キロも体重が増えてしまい、
お医者さんから「これ以上太っちゃダメ、太ったら入院させるよ」と言われてしまい、
その時からひたすらウオーキングをするようになりました。

 

妊娠中毒症の心配からのお言葉だったのだと思いますが、他人から太っちゃだめって言われるの、いい気がしませんでした。

 

無事赤ちゃんが生まれ、退院後は新居の片づけが待っていました。

 

赤ちゃんのミルクタイムに付き合って寝不足の上、慣れない環境で大量の荷物を毎日少しずつ片づけているうち、
少しだけ体重が落ちていました。

 

しかし、まだ10キロぐらいオーバー。赤ちゃんの体重は2800gだったので、ほんとどんだけ太ってんだよ私!とショックを受ける。

 

引っ越したばかりのこの時、我が家には自転車がありませんでした。

 

まだよく知らない近所の散策を兼ね、とにかくよく歩きました。

 

朝はなるべく10時前にベビーカーで公園へ。私がよく行った公園は一周500mのランニングコースになっている。
そこを少なくとも二周、ベビーカーを押しながら歩く。

 

昼は買い物。赤ちゃんが小さいうちは抱っこひもで体にくくりつけ、駅前のスーパーまで買い物へ。
両手いっぱいの荷物をつるして帰る。

 

夕方、涼しい時間帯にもう一度散歩。今度は公園ではなく、家のまわりの車の往来が少ない道をぶらぶらと。
主人が休みの日には、電車に乗ってちょっと大きな公園のある街へ。
やっぱりここでも歩きます。

 

食事の面で、少しでもいい母乳を出したいと思い、野菜中心の生活をしたのも良かったかな。
急激に体重は落ちなくて、半年くらいかかったかもしれないけど、元に戻りましたよ。

 

 

産後ダイエット方法のおすすめランキングを見てみる ⇒こちら★